2022-06-13 [台湾営業秘密法訴訟申請] 翰林のシステムの漏洩で、南一書店が訴えられた

翰林の元デジタル部門マネージャーである陳は5年前に辞任し、3人のエンジニアを南一に連れてきた。すぐに南一は翰林が独占的に開発したものと同様のコンピュータ教育システムを立ち上げた。翰林は陳が南一のシステムの元のコードを保持していることを知った。台北地方検察庁は昨日、営業秘密法と著作権法に違反したとして、南一書店と陳を起訴した。

翰林出版と南一書局は、参考書業界の2大企業である。 昨日南一書局は、2007年以来、デジタル教材の研究開発に投資しており、不公正な商慣行を使用したり、不公正な競争を通じて利益を得たりしたことは一度もないと述べている。訴訟の司法裁判の間、会社は外部からコメントするべきではなく、会社の評判を守るために調査に協力するとのことだ。

調査によると、陳は2008年に翰林のシステムに参加している。2017年に退職する前は、デジタル部門のマネージャーを務めていた。彼は、教師ができるデジタルアシスタント教育ソフトウェア「RemoteControl」と「Action」を開発した。翰林の教育出版物を有効に活用する翰林の巨大な質問バンクの「総合図書館システム」を備えた「マスター」は、翰林が巨額の資金で開発したコンピュータプログラムであり、著作権を得ている。

陳は、上記3つのプログラムのソースコードを保持しており、会社を辞めた後、アシスタントとして南一に就職し、その後間もなく、陳という名前のデジタルプランナーと2人の上級エンジニアも南一に参加した。 4人の会合の後、彼らはプログラムの専門家である徐という名前の男を見つけた。グループは陳が開発した翰林プログラムのソースコードを使用した。2018年1月、彼らは南一のために同様のシステムをコピーし始め、 南一の総合図書館システムで、「BBリモコン」「OneBox」2ソフトウェアを制作した。

陳らは、翰林がメインデータベースシステムのソースコードを開発したときに、異常が発生した場合に特定の電子メールにエラーメッセージを自動的に送信する機能があることを知らなかった。メッセージ通知電子メールはさらにその陳にたどり着く。 陳は会社を辞めた後、Hanlinシステムにログインしようとしたが、南一のIPから別のエラー通知メールが送信された。

翰林は、南一の公式ウェブサイトで同様のプログラムの完全なダウンロードをリバースエンジニアリングするよう技術者を呼び出した。彼らは、ソースコードの構造と内部ロジックが独自のソースコードに類似しているだけでなく、プログラムに翰林の内部サーバーの場所も含まれていることを発見した。証拠は起訴するのに説得力が十分であった。

 68 total views,  4 views today