2022-06-13 [台湾米国特許出願] 台積電は米国で3番目に大きい特許出願人

台積電は昨日(31)にESG e-Newsletterを更新し、特許レイアウトの進捗状況について言及した。その中で、特許管理システム全体が世界の半導体分野で巨大な特許領域を作成した。今年の5月の時点で、 台積電のグローバル特許出願件数は75,000件を超え、承認件数は52,000件を超え、2年連続で米国第3位、中国で6年連続で第1位にランクされた。

特許の質については、台積電は昨年、各国での特許権利化率が99%と高く、米国の特許権利化率は100%に達し、特許権者上位10位にランクインし、引き続きテクノロジーのリーダーシップとビジネスの競争における優勢を保っていると述べている。

国内賞に関して、台積電は、同社がR&Dイノベーションと運用開発を保護するために特許とビジネスシークレットを使用していることを述べ、経済省の産業局による台湾知的財産管理システム(TIPS)の検証を申請する。これは包括的な知的財産管理システムである。

 32 total views,  8 views today