2022-06-13 [台湾-インド特許出願] 台湾-インド知的財産権MOUは台湾の企業が地元の特許を迅速に取得する支援開始

先月、台湾とインドの知的財産権に関する覚書の署名が完了するまでに3年を要し、今週、書簡の交換が完了し、台湾とインドの知的財産権の協力が正式に開始された。次に、関連する協力活動の実施を調整し、関連する知的財産協力を促進し、査読者の相互訪問を行うための合同調整委員会を設立した。たとえば、インドは半導体IP査読の経験から学ぶために台湾に来ることができる。協力により、インドの知的財産権の概念とスピードが向上し、最終的には台湾企業が現地で迅速に特許を取得できるようになることを願っている。

知財局長官の洪淑敏氏は、多くの人がインド市場に参入しているため、プロジェクトの申請数が増え始め、バックログが多すぎて長いレビューが発生するという問題が発生し始めていると述べた。台湾は、プロジェクトの申請数で世界第7位から第8位にランクされており、審査の概念とバックログのクリアに関する豊富な経験があり、地元の人々と共有して特許審査レベルを向上させることができる。

たとえば、台湾は現在、二国間PPH(Patent Prosecution Highway)を導入しており、これにより、長期にわたる審査を節約し、特許を取得することができる。インドがPPHを導入するのに役立つ場合は、台湾企業が将来、現地で特許が申請できる。

知財局は、インドは中国の新しい南行き政策の重要国であると述べた。この覚書の枠組みの下で、双方は共同で専門家の相互訪問を促進し、訓練活動を共有し、広報経験を交換し、伝統的知識保護を促進し、そして知的財産の分野の相互理解を深める。理解することは、当事者と申請者の両方の産業発展に利益をもたらすであろう

 64 total views,  4 views today