2022-06-13 [台湾-日本特許法訴訟申請] パナソニックは侵害で訴え、1700万米ドルの補償金を授与し、Getacはこれに応えた

GetacTechnologyとGetacInvestmentHoldings(3005)の子会社であるGetac Inc.は、2019年6月初旬に米国で行われた製品設計特許侵害訴訟で日本のビジネスマンPanasonic Holdings Corporationによって提起された。9日、米国地方裁判所中央カリフォルニアでは、GodBaseTechnologyが1700万米ドルの補償を支払わなければならないと裁定した。 Getacは、フォローアップについて弁護士と話し合い、30日以内に上訴するかどうかを評価すると述べた。

パナソニックは、Getac Technologyが販売するK120製品が米国で取得した4つの意匠特許を侵害していると主張した。2019年10月に特許侵害の申し立ての1つを取り下げた後、パナソニックは2020年3月にGetacに別の申し立てを追加した。UX10タブレットPCは権利を侵害している製品である。

今年6月9日、カリフォルニア州中央地区の米国地方裁判所は、上記の侵害が成立したとの判決を下した。GetacTechnologyとGetac Inc.は、日本企業のパナソニックに1,700万米ドルの補償金を支払う必要がある。 GetacのHuangMinghan会長は、同社は事件の内部レビューを実施し、30日以内に上訴するかどうかを決定すると述べた。

Getacはまた、6月に関連する訴訟費用を事前に確保する。全体的な収益への影響は限定的であると推定され、米国では事前に対応するための関連する支援措置がある。 K120とUX10は米国でのGetacの売上の主要モデルではないため、これら2つの製品の売上は米国事業の約10〜15%を占めると推定される。2021年の売上高の影響約2〜4パーセントポイントになるが、Getacの全体的な連結収益にはほとんど影響しない

 44 total views,  6 views today