2022-07-30 [台湾営業秘密法訴訟申請] TSMCがチーム作り 営業秘密を守る

台湾積体電路製造(TSMC)は、営業秘密の管理を強化するため、サプライチェーンの団体協力作戦を取り、今年6月、「営業秘密登録制度同窓会」を成立し、既に、5つのテクノロジー会社がこの管理システム及び制度を導入する意向を発表した。

報道によると、TSMCは、子会社のサプライチェーンと、中国と韓国の業者、及びライバルであるインテル(Intel)との間で、ファイアウォールを設立し、問題を重視し境界線を引くよう、サプライチェーンをガイドし、TSMCに関する営業秘密を漏らすことを避けて、台湾の半導体技術の先頭位置を強化するとのことだ。

昨日(29日)、TSMCは、同窓会で会社同士の交流や経験シェアによって、「営業秘密登録システム」の宣伝を有利にして、営業秘密を技術イノベーションと競争優勢を向上する働きかけになり、TSMCが構築する「営業秘密登録システム」には、20万件以上の豊かな技術発明とイノベーションが登録されると述べている。

またTSMCの技術は世界一であり、営業秘密のリークを防止するため、TSMCが秘密保護の戦線をサプライチェーンまで延長し、関連の知的財産権の概念を強化し、サプライチェーンも予防手段の対応を必要とするとのことだ。

 26 total views,  4 views today