2022-09-23[台湾中国発明特許訴訟出願]ファーウェイ(華為)がコンパル(仁宝)を告発 意図不明

中国のファーウェイ社は、発明特許侵害のことで、台湾のOEM会社・コンパル及びその中国子会社を告発し、本月、中国蘇州中級人民裁判所が正式にこの訴訟案を受理する。両業者には、競争関係が存在しないので、この告発の意図が不明と思われ、コンパルは、弁護士に依頼して対応するだけとだけ返事し、この案件が謎に包まれる。

コンパルは、ファーウェイの告発について詳細を説明しておらず、
OEM業務を始めて以来から、知的財産権に対する投入と保護が、厳格の標準で慎重に知的財産権関連事情を処理しており、当該訴訟案件に対して
慎重に評価して対応を講じ、専門弁護士を依頼して、会社の権益と信用を侵害されずに確保する。

今年、ファーウェイの訴訟行為は、所有するWiFi6の特許に関係あり、前半年、ドイツ・デュッセルドルフと中国・済南で、両地方の裁判所を経て、1つの欧州特許と2つの中国特許に侵害することで、米国のネットギア(Nergear)社を告発した。

ファーウェイは、更に、7月19日に、特許管理集団Sisvel Wi-Fi 6パテントプール(patent pool、特許プール)の創始メンバーになることを公表し、同時に、当該パテントプールの許可人と被許可人の両身分を有し、特許硬貨化を推し進める範囲が、5G、WiFi、HEVCを含む。

ファーウェイが特許権利行使の対象を終端からOEMに変更しなければ、コンパルが関連領域の侵害で告発される可能性は高くないと思われ、両者に競争関係が存在可能の領域は、消費性電子製品の防水ナノシートの業務を受理することであり、しかしながら、現在、この点で発明特許に争いを起こられる証拠がない。

コンパルと電子5トップの他のメンバーは、鴻海と同様に電子製造サービス業者(EMS)であり、過去、ファーウェイがコンパルとの合資でブラジルでスマホを製造する情報があった。コンパルが特許訴訟に関わることも少ない。米国の市場によれば、2010年から10年間で、コンパルは、10件だけに係われ、7割が多数被告の1つだけであり、Longhorn Hd、NPEなどの少数案件だけで独立被告である。

 130 total views,  2 views today