2022-09-29[台湾イタリア公正取引法]ウォルシンがイタリアスでのテンレス鋼会社合併案が許可される

ケーブルとステンレス鋼の大手メーカーであるウォルシン(1605)がイタリアのステンレス鋼工場のCogne Acciai Speciali (CAS)を合併する案は、公平会により昨日(28日)の審査を経って許可された。ウォルシンはイタリアの MarzoratiファミリーからCASの約70%の株式を約70億台湾ドルで取得し、これは経済部の投資審査委員会によって承認され、この結合は競争上の懸念を禁止するものではなく、その組み合わせは禁止されるべきではないと判断した。

ウォルシンは、今年5月に取締役会の決議により、ヨーロッパの主要なステンレス鋼直棒およびステンレス鋼ディスクのメーカーであるCogne Acciai Speciali (CAS) の70%の株式を、イタリアの Marzorati ファミリーから2億2500万ユーロ(約70億台湾ドル)で取得した。

ウォルシンは、ルクセンブルグに新たに設立されたWalsin Lihwa Europe SARL を通して、間接的にCASの株式の1/3以上を保有し、CASの事業運営と人事の任命と解任の権利を得しているため、公平会に報告しなければならない基準を満たしている。

公平会は昨日、ウォルシンとCASの両方が「ステンレス鋼ビレット/ディスク/直棒」およびその他の製品を製造および販売しており、市場で水平競争関係である、さらに「ステンレス鋼ビレット」は「ステンレス鋼ディスク/直棒」の主な原材料であり、ステンレス鋼ディスクもステンレス鋼の直棒の原材料になりえるため、両方はともに潜在的な垂直供給関係も持っている。

公平会は、CASは主にヨーロッパ市場で事業を行っているため、2021年には製品を台湾に販売しないと述べた。合併が完了した後、ウォルシンの既存のステンレス鋼ビレット、ディスク、直棒およびその他の事業は影響を受けないし、台湾においても国内外の他の業者との競争に直面しなければならない。

よって、公平会は、ウォルシンとCASの合併が、台湾のステンレス鋼ビレット、ディスク、および直棒の市場構造に影響を与えず、関連する製品市場での競争を制限する効果を持たないと考える。

 132 total views,  4 views today