2023-03-18[イギリス 特許訴訟]レノボ 特許訴訟で敗訴し42億の損害賠償を請求され

イギリス・ロンドンの高等法院は、中国のコンピュータブランドであるレノボグループが、米国のテクノロジー企業「InterDigital」に対し、同社の電気通信特許ポートフォリオのライセンス料として約1億4千万ドル(42億8千万台湾ドル)を支払うよう判決を下しました。

InterDigitalは2019年、3G、4G、5G規格に必要な特許条件をめぐり、レノボを提訴した。両者は長年にわたり訴訟をめぐって争ってきた。注目すべきは、損害賠償の額と強度が予想ほどではなかったためか、レノボはこの判決について「テクノロジー業界と我々がサービスを提供する顧客にとって重要な勝利」と述べ、代わりにInterDigitalは再び上訴する予定だという。

InterDigitalは、OPPO、Huawei、Xiaomiといった中国のテクノロジー企業が、InterDigitalとライセンス契約を結ぶことを選択したLG、Samsung、Panasonicといった日本や韓国のテクノロジー企業を含めて、同社に対する訴訟を起こしており、業界では知らぬ者がいない。また、米国のソフトウェア会社であるマイクロソフトは、InterDigitalを「特許の不正使用者」であると非難している。

InterDigitalは、特許を利用して収益を上げ続けている。業界関係者によると、同社の収益モデルは、研究開発投資のすべてを特許に変換し、それを使ってエンドユーザーからライセンス料を徴収することに基づいているとのことです。このモデルでは、InterDigitalはできるだけ多くのエンドユーザーと有利な条件でライセンス契約を結ぶ必要がある。

 582 total views,  2 views today