2023-04-12 [韓国 公正競争] Google、モバイルゲームを独占したとして韓国から3200万米ドルの罰金を科される

韓国の反トラスト当局は、モバイルアプリ市場における支配的地位を利用して、ゲーム開発者が韓国内のライバルプラットフォームで新製品をリリースすることを妨害し、競合他社を締め出しているとして、公正競争法に違反し、グーグルに421億ウォン(約3200万米ドル)の罰金を科した。

韓国公正取引委員会(KFTC)は11月11日、2016年6月から2018年4月にかけて、Googleがこれらのゲームを宣伝し、さらに海外支援を行う代わりに、NCSoft、Netmarbleなど韓国の中小ゲームプロバイダーや本土のゲーム会社数社を含む新しいゲームをGooglePlayストアで独占的に公開することを要求し、韓国のライバルアプリショップであるワンストアをブロックしようとしたと申し立てた。

KFTCは、グーグルがトップページで特定のゲームを宣伝することは、韓国のゲーム事業者が海外での知名度を高めるために極めて重要であると指摘した。市場支配力を高めるためのグーグルの動きは、OneStoreの新しいゲームを誘致する能力を妨げ、OneStoreの収益とプラットフォーム価値を損なった。同時に、Googleは自社の収益を1.8兆ウォン押し上げた。

韓国のモバイルアプリ市場の75%を占めるGoogleは、ゲーム運営会社に対して、GooglePlayで独占的にゲームソフトを発売するインセンティブを提供したことを否定している。

グーグルの広報担当者は声明で、グーグルは法律に違反していないと述べ、GooglePlayはオープンプラットフォームであり、開発者がゲームの公開方法を自由に決めることができると強調した。グーグルは、開発者のビジネスの成功を支援するために多大な投資を行っており、公取委の判決には敬意を表するものの、同意することはできないとしている。グーグルは、公取委の最終決定を検討し、次の動きを見極めるとしている。

KFTCのユソンウク独占禁止法局長は、グーグルの行動は通常のマーケティング活動から逸脱しており、グーグルの意図は、主要なライバルと見なすOneStoreを市場から追い出すことであったと述べている。

出典:ctee.com.tw

 580 total views,  2 views today