[米国特許侵害]パシフィック・バイオサイエンシズの上訴が却下され、台湾のパーソナル・ゲノミクス社が米国特許争奪戦に勝利

台湾のパーソナル・ゲノミクス(Personal Genomics)は12月12日、米国上訴裁判所が、遺伝子配列決定の世界的大手パシフィック・バイオサイエンシズ(Pacific Biosciences)社による控訴を棄却し、パーソナル・ゲノミクス社が所有する米国特許第7,767,441号の25の請求項の有効性を確認する米国特許裁判所(PTAB)の原判決を支持したと発表した。

パーソナル・ゲノミクスの李鍾熙理事長は、今回の知的財産権保護・侵害訴訟での勝利はパーソナル・ゲノミクスにとって重要なものであり、今後の発展を確信していると述べた。

李氏によると、パーソナル・ゲノミクスは、台湾の半導体とオプトエレクトロニクスの強みを生かし、バイオテクノロジー、材料化学、情報技術といった分野横断的な技術と組み合わせることで、同社は高効率の連続1分子遺伝子シーケンス技術、いわゆる第三世代シーケンス技術を設計・開発し、現在世界で190件以上の特許を取得している。

米国カリフォルニア州に所在するパシフィック・バイオサイエンシズ社は、世界最先端の第三世代遺伝子シーケンス技術のリーダーであり、そのシーケンス技術と製品は、高速かつ長いシーケンスなどの利点を有している。2019年、台湾のパーソナル・ゲノミクス社は、パシフィック・バイオサイエンシズに対し、パーソナル・ゲノミクスの特許権を故意に侵害したとして米国裁判所に提訴した。

パーソナル・ゲノミクスが提起した侵害訴訟において、パシフィック・バイオサイエンシズは、CMOS半導体受光チップ上に1分子シーケンサーを構築するパーソナル・ゲノミクスの特許技術を侵害したとして訴えられており、この特許技術により、最新の第三世代シーケンサーであるSequel、Sequel II、Revioなど、同社の従来のシーケンサーRSシリーズを上回る性能を実現できたと考えている。

また、パシフィック・バイオサイエンシズは過去数年にわたり、半導体チップと光電子技術を第三世代の遺伝子配列決定にどのように応用できるかを理解しようとパーソナル・ゲノミクス社と繰り返し交渉し、パーソナル・ゲノミクス社に協力と特許ライセンス供与を提案したが失敗に終わったことも訴状に記載されており、パシフィック・バイオサイエンシズが特許の存在を認識していたにもかかわらず、無許可で侵害する配列決定製品を製造・販売していたことが十分に証明されたため、パーソナル・ゲノミクス社を故意の権利侵害で提訴した。

 92 total views,  4 views today