2024-02-03 [アメリカ特許出願] Canonの米国特許数がワールドトップ5入り

2024年2月3日、経済新聞 C7版
【李翊榛】

競争の激しいビジネス環境の中では、ブランド特許の開発が企業競争の優位の源となっており、この複雑で激しい時代において、新製品の開発特許は知的財産権を保護するために極めて重要な要素となっている。

Canon株式会社は、特許分野での優れた成績を公式に発表した。米国の特許データベースIFI CLAIMS Patent Servicesが公表した2023年の特許ランキングレポートによると、Canonは米国特許を最も多く取得した企業の上位5社の一つに位置づけられた。Canonは38年連続でこの成績を達成した唯一の企業であり、19年連続で日本の企業ランキングの首位を維持している。これは、Canonが革新し続けているのがもっともである証拠である。

世界的な光学・イメージングブランドであるCanonは、市場への投資とイノベーションの追求を長年にわたって続けてきた。ブランド特許開発にリソースを投入し続けることで、Canonは商業的な利益だけでなく、技術的リーダーシップの地位をも築き上げた。

Canonは長年にわたり、グローバル展開を最優先事項としており、海外特許の取得はその重要な一環である。Canonは積極的な特許申請戦略を維持し、各国または地域のビジネス戦略や技術開発方針を重視し、各地域の固有の需要トレンドを分析し、それに基づいて異なる海外特許を取得していた。
中でも米国は多くのハイテク企業を抱え、市場シェアを有する規模の大きな国であり、Canonのビジネス展開とテクノロジー戦略の重要な拠点である。

 208 total views,  6 views today