2024-04-14 1万点に及ぶ偽造ポロシャツとシャツを押収、商標法違反で懲役50日の実刑判決

2020年12月、基隆市の男性余はシンガポールから来たと名乗る呉氏に会い、五分埔ビジネス街でスポーツジャケット、トップス、シャツ、ポロシャツなど1万着を注文した。翌年9月30日に商品が輸入された際、税関職員は商品が模倣品であることを察知し、検察に通報して調査を依頼した。捜査後、検察は余を起訴した。最近、基隆地方裁判所は、余の商標法違反を認め、懲役50日や同等の罰金及び侵害品の没収を言い渡した。

調査の結果、余はシンガポールで呉氏の紹介でNIKE、REEBOKなどのスポーツブランドとPOLO RALPH LAURENのシャツとポロシャツ11,162点を1点あたり1米ドルから2米ドルの価格で購入したと主張し、両者はシャツとポロシャツをコンテナで船便で輸入することで合意していたことが判明した。

該当貨物が2021年9月末に輸入された際、税関職員が抜き取り検査で貨物に異常があることを発見した。事前鑑定の結果、この貨物は偽造品と見なされ、直ちに捜査局航空調査部基隆調査署に通報され、基隆区検察院に報告され、貨物の指揮と調査が行われた。

調査中、余はその商品が自分のものであり、五分埔で知り合った呉氏を通じて輸入価格1~2米ドルで購入したことを認めた。

検察は捜査の結果、余は売り主と面識がなく、多額の金銭を伴う取引をする際には、商品の出所、商品の真贋、売り主の身元と信用、商品の相場などを十分に調べるべきであり、わずかな言葉で国境を越えて大量の商品を売買する約束をすることは、通常の合理的な取引の常識に反するだけだと考えた。従って、模倣品を購入したことを知らなかったという余の主観的主張は認められるべきではなく、商標法に基づき起訴されるべきであり、裁判所は懲役刑を勧告すべきであるとコメントをしている

裁判官は、余による商標権侵害商品の輸入は、商標権者の潜在的な市場利益を侵害する小さなものではなく、公正な取引秩序を阻害するものであると判断し、余が公判中に最終的に犯行を認め、商標権者と補償金確定の仲介を行い、犯行後の態度も良好であったことを考慮し、余に商標法違反で懲役50日や罰金5万ドルの判決を下し、押収した侵害商品1万2671点を没収した。

 91 total views,  2 views today