2024-05-02 米新聞8社がOpenAIを著作権侵害で提訴

米新聞8社がOpenAIを著作権侵害で提訴
彼らは、人工知能モデルを訓練するためにニュース記事を無断で「数百万本を盗んだ」としてマイクロソフトと共に訴えている。

全米の新聞社8社が、人工知能(AI)モデルを訓練するために著作権で保護されたニュース記事を無断で「数百万本を盗んだ」として、マイクロソフト社とChatGPTを生み出したOpenAI社を提訴している。

ニューヨーク・デイリー・ニュースとシカゴ・トリビューンなどが4月30日、マンハッタン連邦裁判所に提訴し、声明には、「この訴訟は、被告らがChatGPTやマイクロソフトのCopilotを含むジェネレーティブAI製品の商業化を促進するために、出版社から何百万もの著作権で保護された記事を無許可かつ無報酬で盗んだことに起因する」が記載されている。

声明にも、「この訴訟は、被告がまず出版社の承諾を得なければならないこと、次にコンテンツの使用に対して正当な対価を支払わなければならないことを証明するものである」が記載されている。

この訴訟に関わっている他の新聞社には、オーランド・センティネル、フロリダ・サン・センティネル、サンノゼ・クーリエ・ニュース、デンバー・ポスト、オレンジ・カウンティ・レジスター、セントポール・パイオニア・プレスが含まれる。これらの新聞社はすべて、フロリダを拠点とするヘッジファンド、オールデン・グローバル・キャピタル(Alden Global Capital)が所有している。

OpenAIは、報道機関を支援することの重要性について声明を発表し、「オールデン・グローバル・キャピタルの懸念について以前は知りませんでしたが、私たちは世界中の多くの報道機関と建設的なパートナーシップを築き、対話し、可能な機会を探り、問題を議論し、解決策を提供することに積極的に取り組んでいる」と述べた。

ニューヨーク・タイムズや『氷と炎の歌』の著者ジョージ・R・R・マーティン、『ブラック・マンション・エンタープライズ』の著者ジョン・グリシャムなどのベストセラー作家は、昨年末、OpenAIとマイクロソフトを相手取って、AIに関する一連の著作権訴訟を起こした。

このような法的挑戦は、法廷で勝つのは必ずしも容易ではない。コメディアンのサラ・シルバーマンは昨年、メタ・グループに対する同様の集団訴訟に巻き込まれたが、カリフォルニア州の連邦判事は昨年秋、訴えの大半を「根拠なし」として却下した。

 40 total views,  2 views today