2024-05-15 Technoprobeからの特許侵害提訴 精測:会社運営に影響なし

14日、中華精測(6510)は、Technoprobe S.P.A.(イタリアの技術探測株式会社)から特許侵害の申立書を受け取り、同社の製造工程は係争特許の工程と大きく異なることを強調し、同社と株主の利益を守るため、本件は弁護士によって処理されており、同社の業務に影響はないと発表した。

中華精測は、Technoprobe社の特許の公開日は2020年9月21日であり、特許侵害の主な根拠は、中華精測が2018年6月に開催されたウェハ測定研究討論会(SWTW)で発表したプレゼンテーション資料であると指摘した。しかし、発表当時、Technoprobe社の特許はまだ公開されておらず、中華精測はTechnoprobe社の特許を侵害するはずがない。

また、中華精測は、中華精測が発表したプレゼンテーション資料の内容は、コスト材料分析に関連するだけであり、製造工程方法には関連せず、レーザー切断にも無関係であるため、Technoprobe社は、中華精測が発表したプレゼンテーション資料に基づき、中華精測が特許権を侵害したと主張したが、実に根拠のないものであると指摘した。

 108 total views,  2 views today