2024-06-06 調査局が情報業者の「退職社員」による機密窃盗事件を摘発 4人保釈

調査局は6日、先月、ある情報業者が競争相手の退職社員を利用して商業浸透や営業秘密の盗難を行い、競争優位を得ようとした事件を摘発したと発表した。調査局は7つのグループに分かれて捜索を行い、関与していた陳という男性を含む4人を取り調べた。4人は取り調べ後に保釈され、事件は刑法のコンピュータ利用妨害および営業秘密法違反の罪で捜査が進められている。

調査局によると、本件は国内の有名な情報管理開発コンサルティング業者が内部のセキュリティ監査を実施していた際に、同社のクラウドシステムが不正にアクセスされ、プロジェクトの内容、作業成果、契約内容などの商業機密情報が盗まれたことが発覚したため、調査局のサイバーセキュリティステーションに通報したものである。

調査局は高雄地方検察庁に指揮を求めて捜査を進め、被害会社と協力して内部システムの接続記録を精査した結果、退職した社員の重大な関与が明らかになった。損害の拡大を防ぐため、調査局サイバーセキュリティステーションは5月22日に台北市調査処、高雄市調査処、台南市調査処と連携し、調査官約30名を動員して台北、高雄、台南などの地域で関係者の住居や会社など7か所を同時に捜索した。また、陳という男性を含む4人を取り調べ、捜索現場では関連する違法に盗まれた資料や大量のデジタル証拠を押収した。

調査局の調査によると、被害会社の元協理である陳は退職後に同業の情報会社を設立し、元社員の田、胡及び丘の3人と共謀して被害会社の情報管理の脆弱性を利用し、退職後も前の会社のシステムに継続して不正にアクセスし、プロジェクト内容、業務成果、契約内容などの内部営業秘密を不正に取得していたことが判明した。これにより、既存の業務上の競争優位性を獲得し、前の会社の権益を著しく侵害した。

高雄地方検察庁の検察官は再度取り調べた後、主犯の陳に18万元の保釈金を、丘に10万元の保釈金を、胡に8万元の保釈金を、田に6万元の保釈金をそれぞれ命じた。本件は刑法のコンピュータ使用妨害および営業秘密法違反の罪で捜査が進められている。

 75 total views,  2 views today