2024-06-27 発育遅延児の世話のため 母がアカウントを借用し偽造インク販売 キヤノンが著作権侵害で提訴

基隆市でネット通販を経営する李女は、発育遅延児の世話と家計の補填のため、
中国の見知らぬ人物「張鋭」から、キヤノン(CANON)やEPSONの有名ブランドのプリンター用のインク商品を李女の夫のShopeeサプライヤーを借りて販売し、2%の利益を得た後、アリペイを使って張氏に送金するという提案を受け入れた。その後、日本キヤノン社がこの事件を発見し、刑事告訴した。李女は事件の事実を認め、裁判所は李女の自宅の状況と模倣品の販売数を考慮し、李女に30日間の拘留、又は罰金が科せられ、執行猶予2年の判決を下した。

基隆地方検察署の起訴状によると、李女は一般的な社会経験に基づいて、ネット通販のアカウントを借用し、金銭を代わりに受け取ることは、詐欺、偽造品の販売、その他の違法行為に他人が関与するのを手助けする可能性があることを知っていたものの、取引総額の2%の報酬を得るために、インターネットで本名も年齢も不明な「張鋭」と取引交渉を行い、李女は事情を知らない配偶者である蔡男の名義のShopee売店のアカウント「specialforU」を張容疑者に提供し、サプライヤーの名称を「humor.ink」に変更し、他人の商標を模倣したインク詰め替えボトルを張容疑者に提供したと指摘された。

基隆地方検察署によると、李女は商品販売後、連邦銀行、華南銀行、台湾銀行の口座を使って集金し、謝礼として2%を差し引いた後、残金を中国のアリペイ送金方式で「張鋭」が指定したアリペイ口座に送金した。

2022年9月1日、キヤノン社の代理人である弁護士李文傑は、キヤノンの商標を使用したGI-790インク補充ボトルを658元で李女の売店から購入し、商品を受け取った後、それが偽造品であることを発見し、警察に通報した。

2023年2月3日と22日、警察は李女の売店に再度注文を出し、EPSON商標を使用したインク詰め替えボトル1本と4本をそれぞれ200元と450元の価格で購入し、EPSON社の台湾代理人に鑑定を依頼した結果、全て商標模倣品であることが判明し、その後、刑法第30条第1項及び商標法第97条により、模倣品販売幇助罪で起訴した。

裁判所の判決によると、李女は、家族が発育遅延児を持っており、その世話のため、仕事に出かけることができないだけでなく、プリンタを持っておらず、インクに精通していないと主張し、かなり反省を訴えた。
商品を提供する張鋭は、インクが正品で保証があり、彼女はまた、Shopee消費者のレビューも参考し、それを信じて、その後、会社を設立するために彼女の夫に尋ね、Shopeeの売店を貸出し、販売して利益を描く。

李女は、「大変申し訳なく、悪いことをしたことは認めます。この事件も1年間の生活に影響を与えました」と強調し、示談に応じるとともに、中国にいる主犯を追跡できるかどうか、告訴人の会社に情報を提供することに誠意を見せると述べた。

裁判所は最終的に、李女の犯行後の態度が良好であり、家庭の状況が彼女の言う通りであり、前科がないことを認定した。そして刑法の幇助犯の規定に基づき、刑を減軽すべきとし、拘役30日を言い渡し、罰金に代えることを認め、2年間の執行猶予を付けた。

 68 total views,  2 views today