2024-07-05 生成AI特許申請数、中国が世界トップに

国連の機関が3日、2014年から2023年までの間に、中国が生成AI(人工知能)に関する特許出願数を3.8万件以上提出し、世界で最も多いことを公表した。これにより、第2位のアメリカ(6276件)を大きく引き離している。
国際知的所有権機関(WIPO)の報告によると、2014年から2023年にかけて、生成AI技術に関する特許申請数が急増し、総数は5万件を超えた。その中、2023年の申請数は全体の四分の一を占めている。この傾向については、生成AIが2022年末以降広く一般生活に浸透し、技術に対する関心を引き起こしていることを示している。
WIPOの特許分析マネージャー、Christopher Harrison氏は、生成AIが急成長している分野であり、今後その特許申請がさらに加速すると予測している。小売業者や他の組織が、人間の会話を模倣する能力を持つチャットボットを広く使用して顧客サービスを改善している一方で、生成AIは科学、出版、交通、セキュリティなど多岐にわたる分野を変革する潜在能力を持っていると述べた。
Harrison氏によると、中国の特許申請は自動運転、出版、文書管理など多くの領域にわたっているという。
中国が世界で最も多くの特許を提出している一方で、WIPOは数が質を意味するわけではないと断言し、技術の初期段階では、どのような特許が将来的に市場価値を持つか、あるいは社会的に変革をもたらすかどうかを判断することは難しいと述べた。
スタンフォード大学のAI指数レポートによると、2023年までに、アメリカからの主要AIモデルが61個あり、これは欧州連合全体の21個および中国の15個を超えている。欧州連合加盟国の中では、フランスが8つの主要AIモデルを持っており、トップに立っている。

 50 total views,  2 views today